FC2ブログ
コンセプトは「5歳の子供にでもわかるFXとくりっく365」 子育てしながらFXで資金をつくり将来は海外でソロバン塾を開くのが目標です。
2回に分けて買った米国債、ここのところ上がりそうで上がりません。

金利打ち止め発表で「よしきた!」と思っていたんですけどね。

まあ、まだまだ景気が強いのでしょうがないですね。

気長に待ちます。
豪ドル円売り攻め続けています。

今日も少量ですが、新規売り追加しています。

トラリピで売り設定してあった分は、1銭届かずでポジションは出来なかった模様・・・まあ、しょうがないですね。

話は変わりますが、昨日くりっく株365日経225回ポジションで大型配当相当額が発生しています。

今回は、1枚で17,134円で昨年より8.21%増になっています。

私は買いポジション15枚保有中なので、昨日1日だけで257,010円の配当相当額受取になりました。

これくらいまとまるとかなりうれしいですね。
ここのこころ、我慢していることが多いです。

米国株・・・5連続安・・・買いたいけれど我慢です。

豪ドル円・・・売ったり買ったりしたいけれど、これも我慢です。

どちらも、これから大きく動く前兆のようなものがあります。

この段階で次の動きを予測する能力は私にはない。

だから、ポジションは動かさずに次の動きを待っています。

焦って動いたら負け・・・そう自分に言い聞かせて気持ちを抑えているところです。
米国株を超長期で保有しつづけています。

短期売買はしないため、株価を日々チェックすることはほとんどなく、数ヶ月に1回現在の資産額をチェックするだけにしています。

保有額がそこそこの金額になってきたので、大きく下げる局面では値下がりヘッジとしてくりっく株365のNYダウを有効に使いたいとい思っています。

・売り:くりっく株365 NYダウ売り
・買い:米国株保有継続

こんな感じで両建てにすることで、NYダウ下げ局面での米国株保有資産減を少しでも軽減したいという目論見です。

保有米国株が完全にNYダウと同じ値動きはしませんので、くりっく株365でどれくらいの枚数を建てるのが妥当かを考える必要があります。

妥当というのは、「下げ相場で利益を出してくれる」こととともに「上げ相場での損失は保有分の値上がり益を上回らない」という2つの意味があります。

今回の記事は、そのための参考記録です。

米国株 保有残高
・2019年1月7日 31,681,860円
・2019年2月21日 32,594,035円
・増加額:912,175円

これに対してくりっく株365のNYダウは以下のように変動しております。

くりっく株365 NYダウ
・2019年1月7日始値 23472
・2019年2月20日終値 25915
・上昇幅:2443

くりっく株365のNYダウは約定代金1枚約250万円ですので12枚に相当する金額です。とはいえ、NYダウ12枚も売りポジションを持っていたら、今回の上げ相場では300万円近い損失になり、米国保有株の上昇分を大幅に上回ってしまいます。

この辺のバランスを考えると、くりっく株365の売りポジションは米国保有株の3分の1程度の水準が良さそうな気がします。

私の保有している米国株は、高配当銘柄が中心です。高配当株は一般的に成長性はそれほどないので、今回の株高ではそれほど上がっていないようです。

ここはケースバイケースなので、今後もNYダウが大きく動くような時期があれば、似たような比較をしてある程度の目安を作っておくつもりでいます。




ユーロ円売りーズロチ円買いのサヤ取りやっている方は結構いるようです。

私も2年くらい前にやっていました。

これが、EURPLN売りであることをわかっていれば問題はありません。EURPLNが上昇期に入ればそれ相応の損失になるということを理解しているという意味です。

「リスクがない」と思っている人がいる・・・・という噂もあるので書かせていただきます。

昨年の7月以降にポジションとった方は、ほとんどが現在「含み損」ではないかと思われます。

というのは・・・・EURPLNがここ一週間上昇し続けていて、7月の高値を抜きそうなところにきているからです。

まあ、これまでも何度かこの高値にはタッチしては下落しているので、そうなれば問題はありません。

でも、ここ抜けると・・・次の落ち着き場所を求めて更に大きく上昇する可能性も有り得ます。

いずれにせよ・・・ご注意くださいませ。
米国金利引き上げが止まる可能性がでてきました。

ただ、景気過熱感も強いままなので、まだまだ微妙な感じがあります。

追加購入も検討中でしたが、暫く保留にしておきます。

もう一回金利引き上げがあれば、米国債は更に安くなります。そこで金利引き上げがストップしそうであれば、本格的に検討します。

その時点で、米国株の方が魅力的であれば、米国債ではなく米国株購入に向けていきます。
突然ですけど・・・・

世界一周旅行券が30万円台で売っているって知っていました?

LCC使えば、10万円台で世界一周ができるって知っていました?

恥ずかしながら私は最近知りました。

いつか行ってみたいですねぇ。

がんばろっと。